料理 会席 四季と祭り

  1. HOME
  2. ガイド付き周辺観光

サンヴェルデが観光スポットをご案内します。

サンヴェルデがある飯山市周辺には、観光名所が豊富にあり様々な観光スポットが存在します。サンヴェルデでは、飯山市・中野市・小布施町・長野市などの観光名所を巡ることが出来るツアーを行っております。
善光寺や各記念館などはもちろん、春には菜の花公園・鍋倉高原の残雪や新緑、夏にはあじさい寺・蓮寺・中野市バラ公園、秋には鍋倉高原の紅葉など春夏秋いつ来ても楽しめる観光スポットをご案内いたします。
風景などの写真家や絵描き(スケッチ)の各スポットにもお連れします。さくらんぼ狩り・桃狩り・ぶどう狩り・りんご狩りなど信州ならではのフルーツ狩りを行うことも出来ます。

遠方よりお越しのお客様は長野駅まで、また長野市や新潟県上越市周辺のお客様でしたら現地までサンヴェルデのマイクロバスで送迎いたします。その他の地域にも有料になりますが送迎可能ですのでご相談下さい
社員旅行・町内会旅行・各種視察旅行・同窓会旅行・などでご利用下さい。


ふるさと郷土料理ランチコース

日帰り観光コース 昼食付5,000円(税別)

宿泊観光コース 1泊2食9,000円(税別)

・ 各コースのお食事は、季節の飯山産の食材を使った、ふるさと郷土料理会席をご用意
・日帰り観光コースでもご入浴可能(入浴用タオル付)
・観光プラン、8名様以上でのご利用でお願いいたします
・入場券などの費用は、お客様のご負担でお願いいたします。

観光コースプランの御予約はオンラインでは承っておりません
大変お手数ですが、お電話またはe‐mail、faxでお問い合わせ下さい
TEL:0269-65-2107 FAX:0269-65-3247 
メール:sunverde@beige.ocn.ne.jp


飯山市周辺の名所を紹介しています。(飯山、斑尾、中野、小布施、長野市など)

飯山市や周辺には様々な観光名所・施設がございます。サンヴェルデ観光コースでは、季節にあった観光名所をご提案しております。お客様が行きたい場所・食べたい物などがございましたらご遠慮なくご相談下さい。
※写真はクリックすると拡大でご覧頂けます。

菜の花公園
菜の花公園飯山の春の代表的な光景が、一面に咲き誇る菜の花です。「残雪・菜の花・千曲川」が見える、奥信濃ののどかな田園風景がそこにあります。菜の花公園は高野辰之作詞の唱歌「朧月夜」にも登場しており、毎年4月下旬~5月上旬には菜の花の大群落が見られます。5月3日~5月5日頃は、菜の花公園を中心に「いいやま菜の花まつり」が開催され、県内外から10数万人が訪れます。
この地域の菜の花は、菜種油用ではなく、漬物として有名な「野沢菜」です。9月に野沢菜の種をまき、収穫をせず春までそのままにしておいたものがこの菜の花です。菜の花公園の菜の花は、地元「菜の花さかせるかい」の方が、綺麗な花を咲かせるよう努力しています。
あじさい寺・ぽっくり観音(高源院)
あじさい寺・ぽっくり観音(高源院)曹洞宗お寺「高源院」は、あじさい寺として知られ、夏のあじさいまつりには約20種、一万株のあじさいが境内を彩り、華やかな彩りを見せています。
下に紹介する稲泉寺のはす(蓮)とちょうど見頃の時期が重なるので、二つのお寺を花巡りしてみるのも良いですね。


あじさい寺・ぽっくり観音(高源院)あじさいで有名なお寺ですが、最近新しく建立された「ぽっくり観音様」がちょっとした話題になっています。長野県は長寿県。「ピンピンコロリ」が合い言葉。無病息災は一番の願い。無病でなくも一病でも息災、多病でも息災。最後まで元気を願うための観音様です。ぽっくり下駄を履いた観音様に会いにきてみませんか。
はす寺(稲泉寺)
はす寺(稲泉寺)木島平にある稲泉寺は別名「はす寺」と呼ばれ、お寺の周囲はハス田が広がり、毎年7月頃には薄紅色の神秘的な花を咲かせます。
ここに植えられている「大賀ハス」は、1951年、大賀一郎博士によって2000年前の泥炭層から発見されました。その後種子3粒が栽培されて発芽に成功、たくましい生命力が実証された貴重なハスです。泥水を俗世と見立て、そこから咲き出す清らかな蓮の花を仏様に例えた由来のある蓮は、神秘的で美しい光景です。
鍋倉高原(紅葉)
鍋倉高原(紅葉)10月~11月頃は山が色を変え、赤や黄色に色づきます。鍋倉山の山麓にある鍋倉高原は、秋のハイキングにも最適です。ブナの実を拾い、少し冷えた空気を吸い、短い秋の光景を楽しむのは心身ともにリフレッシュできる事でしょう。カメラ片手に歩いたり、スケッチをする人も見られます。
いいやま寺巡り
飯山は、飯山城趾を中心に22ケ所の寺が点在し、島崎藤村が「雪国の小京都」とも呼んだ「寺の町」です。 松代藩主真田信之(幸村の兄)の子、道鏡慧端禅師が過ごしたお寺である正受庵や、島崎藤村の「破戒」のモデルで知られている「真宗寺」などが有名です。スタンプオリエンテーリングや七福神めぐりもありますので、色々なお寺を廻ってみてはいかがでしょうか。
寺の町いいやまの観光
阿弥陀堂
映画「阿弥陀堂だより」のロケ地として有名になった阿弥陀堂は、映画のセットがまるで最初からそこにあったかのように自然に残っています。この辺りの地は「日本の原風景」と呼べる美しい風景が多くあり、阿弥陀堂の近くにある福島新田の棚田は「日本の棚田百選」にも選ばれており、美しい棚田が広がっています。残したい風景がそこにあります。
高橋まゆみ人形館
2010年4月に開館した人形作家・高橋まゆみさんの作品を展示した人形館。人形の世界と、その舞台であるふるさとの原風景が同時に楽しめる、どこか懐かしく郷愁を誘う作風に癒される人形たちが展示されています。春と秋に新作コレクション展行われております。
あさま山荘事件の鉄球
あさま山荘事件の舞台は長野県軽井沢町ですが、映画:突入せよ!あさま山荘の山荘攻防戦シーンの撮影は新潟県中頸城郡板倉町(現:新潟県上越市板倉区)で行われました。ロケ地となった上越市板倉区の光ヶ原高原には撮影記念碑があり、映画に使われた鉄球(「難局打開の鉄球」)と実際に使われた鉄球が展示されています。
道の駅(花の駅千曲川・ふるさと豊田・信越さかえ)
飯山への道中、是非道の駅にもお立ち寄り下さい。地元野菜が気軽に買える農産物直売所や北信州の観光情報、物産品、食堂などがあり、旅行の楽しみの一つになると思います。信州名産のりんごやアスパラガス、きのこなどを販売。採れたばかりの旬の野菜や農産物が、直売所ならではのうれしい価格で購入できます。
北竜湖
北竜湖は、信州三大修験霊場の一つ、小菅神社は、(こすげじんじゃ)傍にあり、深い森に包まれ神秘的な佇まいを見せています。春には湖畔で桜や菜の花畑が見られることで有名。また、北竜湖は上から見るとハートの形をしているため、最近では「恋愛成就の湖」、パワースポットとしても人気です。
北竜湖文化芸術村ホームページ
希望湖
希望湖斑尾高原にある希望湖(のぞみこ)は、周囲を森で囲まれた静かな湖です。また、透明度の高い湖はバスフィッシングの穴場とも言われており、春~秋にかけて釣りをする人が多く見られます。湖を周遊できる遊歩道も整備されているので、トレッキングやバートウォッチングなどもお楽しみいただけます。野鳥の声を聞きながら森林浴するのもいいですね。
高野辰之記念館(旧豊田村)
「朧月夜」や「故郷」などの作詞家として知られる、高野辰之の記念館。ここは、辰之自身が学び、後に教鞭をとった永田尋常小学校の跡地にあります。音楽室にはオルガンがあり、「春の小川」などの楽譜が用意されており弾くことができます。彼の歌は飯山の光景を元にしたものがあり、歌を思い浮かべて歩けば、より飯山の良さを感じられると思います。記念館の近くには辰之の生家があります。
高野辰之記念館ホームページ
中山晋平記念館(中野市)
中野市出身の作曲家・中山晋平の生誕百年を記念して建てられた記念館には、300点あまりの遺品や書簡、作品集などが展示されております。また、中山晋平が使用していたオルガンやピアノの伴奏で歌うことや、リスニングコーナーで晋平メロディーを聴くことができます。
http://www.city.nakano.nagano.jp/shinpei/index.htm
バラ園(中野市)
中野市の一本木バラ園では、世界のバラが植えられており、バラの時期には、様々な種類の色とりどりの美しい花が園内を飾り、甘い香りに包まれます。種類と株数は長野県一、バラの他には牡丹や菖蒲、イングリッシュガーデンなどもあります。毎年6月頃と10月頃にはバラまつりが開催されます。
一本木公園バラの会ホームページ
フルーツ狩り(中野市)
さくらんぼ狩り(6月上旬~6月下旬)もも狩り(7月下旬~8月下旬)
ぶどう狩り(9月上旬~10月下旬)りんご狩り(9月上旬~11月下旬)
果物王国・中野市では、フルーツ狩りが出来ます。果樹畑に足を踏み入れ自分で選んで自分で採ってがぶり!最高においしい食べ方です。 信州りんごをはじめ、季節の果物をお楽しみ頂けます。
地獄谷野猿公苑(山ノ内町)
世界唯一、お猿専用の露天風呂がある地獄谷野猿公苑。冬にはニホンザルがお湯に浸かりにやってきます。お猿が間近で見られることもあり、多くの人が訪れます。珍しい日本的の光景として、近年は「スノーモンキー」として外国人観光客にも人気です。
山道なので靴に気をつけてお越し下さい。
地獄谷野猿公苑ホームページ
小林一茶記念館(信濃町)
一茶が書き残した数多くの作品を中心に、一茶の生涯と文学・一茶のふるさと・一茶顕彰などを展示しています。あわせて一茶忌全国俳句大会や一茶講座などの俳句に関する学習活動を行っています。

http://www.issakinenkan.com/
戸隠神社
戸隠神社 パワースポットパワースポットとして人気の高い戸隠。週末ともなると男女、年齢の別なく多くの人が訪れています。戸隠神社は、ひとつの神社ではなく、戸隠山に登る道に沿って点在する宝光社、火之御子社、中社、奥社、九頭龍社の五つの神社の総称です。JR東日本のコマーシャルにも登場。吉永小百合さんが奥社へ続く参堂を歩くCMをご覧になった方も多いのではないでしょうか。神聖な雰囲気が漂う地は歩くだけでもパワーが湧いてきそうです。特に奥社は道が険しいのでスニーカーなど歩きやすい靴をお勧めします。
小布施
長野県の北部・小布施町には高井鴻山記念館や北斎館、老舗の栗菓子店、土蔵造りの民家などが点在し、歴史的景観を残しています。町並みは昔ながらの日本的な景観を残しながらも、そこで生活する人の呼吸が感じられ、どこかモダンな雰囲気すら感じられる町です。小布施は美術館や博物館も多く点在します。「フローラルガーデンおぶせ」では、季節ごとの花々が楽しめ、小布施ならでは、北斎の鳳凰図をモチーフにしてたくさんの草花を組み合わしてつくられたテーマ花壇の「鳳凰花壇」というのもあります。
道の駅「オアシスおぶせ」には、地酒やワイン、ジャムなどの小布施のお土産が並び充実した品揃え。小布施ならではの栗を使った食べ物が人気!栗おこわや栗焼酎、ソフト栗いむ(ソフトクリーム)なども。
川中島古戦場(八幡原史跡公園)
川中島の戦い・第四次合戦(八幡原の戦い・永禄4年)で戦いの舞台になった場所。武田軍が本陣をこの付近に置いたと伝えられています。謙信が信玄の本陣に切り込み、不意をつかれた信玄が立ち上がり軍配団扇で受け止めた、有名な「三太刀、七太刀」もこの場所で、信玄・謙信一騎討ちの像とともに碑が建てられています。長野市立博物館とプラネタリウムが隣接。長野インターから車で約5分ほど。
善光寺(長野市)
牛に引かれて善光寺まいりで有名な、長野市の善光寺は、古くから宗派の別なく民間に親しまれてきました。本堂は、東日本最大の規模を誇る、江戸中期仏教建築の傑作でもあります。本堂での参拝を済ませたら「お戒檀巡り」も是非体験してみてください。暗闇の回廊を歩いて「極楽の錠前」を探りあてれば極楽往生が約束されるそうです。
善光寺ホームページ
真田宝物館(松代)
真田家家宝の武具、調度品などを所蔵。重要文化財の「青江の大太刀」など、興味深いものが数多く展示されています。武田信玄・豊臣秀吉・石田三成・徳川家康などの書状も展示しています。また、松代には松代城跡、真田邸、長国寺など真田家ゆかりの史跡が数多く残っておりますので各所を巡るツアーも良いですね。